スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保守的で懐古主義 

愚痴愚痴。
愚痴はあんま好きじゃないとか何とか言っておきながら、結局は愚痴る。
こういう公開しているものブログで愚痴って、何が目的だろうか。
誰かに見てももらいたいのかな?ログとして残しておきたいのかな?
別にどっちでもいいですけど、とりあえず今日は愚痴。

続きを読む

スポンサーサイト

(省略されました・・全てを読むにはわっふるわっふると書き込んでください) 

春の日光に暖められた暖かい風が、不意に前髪を目へと誘った。
反射的に、それは意識せずに、目を閉じ黒板へと注がれていた視線はまぶたの裏側へと変わっていく。
何を考えるまでも無くシャーペンをノートの上に置き、その利き手の人差し指で前髪をかき分けるように整えた。

そう、それは日常という一コマであり――

俺の席の少し前。
前、というのは教卓側へと向かう方であり、その人は教卓と向かい合うように座っている。
今日もその黒髪は、風によって若干なびいている。

そう、それは日常の一コマであって――

それが変わったのはつい先日のような気がするし、ずっと前からそうなのかもしれない。つまり確証は無かった。おかしな話であるが、何故か変わった事自体まるで無かった事のように、変わった事すらが日常へと認識されていくような。
俺の席の少し前の彼女は、顔を赤らめ、スカートの裾を

続きを読む

この出来損ないめが! 

あついですねー。
やっぱり夏と隕石が近づいてるだけあってあついです。何があついって、心があついです。血液も。
ふるえるぞハート! 燃えつきるほどヒート!!おおお!刻むぞ血液のビート!

なんてちょっと熱いキャラを目指そうと思ったんですが、なんか俺というレールを踏み外してるような気がするのでやめようと思います。

最近、目が悪くなってきてるのが露骨に分かってきました。
何を隠そう俺はポケモンにハマってしまったあの時から視力がガタ落ちなんですよ。
そのスピードというのは、折れたシャーペンの芯が飛んでいく速度や、バータさんの飛行速度ぐらいです。もう超早い。
まぁ、なんで露骨に分かるかって言うとですね、PCのディスプレイがですね、なんかもう遠いんですよ。むしろ俺を避けてるような気がしてならいんですね。もう超遠い。
いつもなら手を伸ばせばディスプレイのあんなところやこんなところまで触れるんですが、あ、それは今でも触れます。物理的には別に離れてませんでした。
でも遠いんですよね。こう、なんていうか心的なものというか言うなればモチベーションみたいな。まとめると俺の目が悪くなったぞって事なんです。
普段はコンタクトレンズなんです。それでも四六時中付けてるわけでは無いので、家に居る時は大抵メガネで応用してるんですよ。南海キャンディーズのしずちゃんじゃない方の山ちゃんに似た人がかけてるようなメガネなんですけど。
中学の頃から使ってきたもので結構長い間装備していて、たまにクッションの下とかにあって踏んじゃったみたいな歴史があります。
ですから結構曲がってるんですよね。色々と。もう超悲しい。
まさに潮時と言ったところでしょうか。

近いうちに換えるとします(´・ω・`)

人生ルーズベルト 

何かもう放置がデフォルトでグダグダすぎて、ジャンプの漫画みたいになってるこのブログですが、まぁ曲がりなりにも結構長い事やってきたわけでして、それなりの愛着というか粘着というか。
まぁ、なんかこう……ネトネトした気持ち的な要素で頑張ってます。
モチベーションは低いんですが。

やっぱこういう日記だとか、そういうのは低いモチベーションの中でやるのが一番良いんだと思います。
現に今の俺は半分死んでますし。さっき足の小指強打して親指を攣りましたし。やべー痛い。
変にやる気だして『毎日更新だ!』とか、何自分からプレッシャー背負ってんの?って感じです。
そんなプレッシャー背負える奴らが羨ましいんだよちくしょう。
俺だって頑張ればプレッシャーの一つや二つくらい、軽々持ってやるっての。
それこそ夢のときめいて野球なんかはじめちゃって、毎日汗水垂らして目を輝かせて甲子園行ってドラフト一位で楽天に指名されて23歳で結婚して2人の子供と奥さん囲まれて『幸せな生活を送ります』宣言みたいなのをした16年後には子供達は俺と口聞いてくれなくて、奥さんはハシでの俺の下着つまんで白髪交じりの俺は公園のブランコに座ってはいはい戦力外通告戦力外通告ってバカヤロウ。
いつの間にかグダグダな設定になってしまいます。


夢も希望もすり減らして生きていくのかな。

白銀週間 

そう、それは黄金を超えた白銀!プラチナウィーク!

なんたらウィークとか言うのはバイトで消えていきました。
瞬きするのも面倒になるくらい忙しい(ような気がする)昼の時給と、やる事無さすぎで最大の敵は『暇さ』というただつっ立ってるだけの夕方~夜の時給が一緒という事に、バイト初めて半年ちょっと経ってようやくおかしいだろと思い始めました。
まぁ、思い始めたところで、どうかなるわけじゃないのでこの淡い想いは心にしまっておく事にします。

某さばさんが連続更新をしているのを尻目に、『逆に俺はまったく更新しないで行ってみよう。それって斬新じゃないか』的なスタンスでここまで来たわけなんですが、あんまりいつもと変わりませんでした。思った斬新さがまるでないっ!これは誤算でした。
何ていうか、部屋の模様替えで自分の思い描いていた出来と若干の違いが出てきたみたいな誤算です。


そんな気分を吹っ飛ばすために、バトンを強奪してきました。
回されてるバトンはスルーして他のバトンを強奪する、そんな俺はひねくれもの。

続きを読む

GyaO ゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。